お知らせ


Madogiwa-3mが管理人を務める、「Madogiwa Escape」シリーズをはじめとしたソフトウェア開発・運営組織「MediArch(メディアーチ、と読みます)」のホームページを開設しています(2017年9月より、Twitterもはじめました)。

ホームページ:https://www.mediarch-jp.com/
Twitter:https://twitter.com/mediarch_jp

今後、新作リリース情報等は、上記ウェブサイトやTwitterからお知らせしていきます(本ブログの更新予定はありません)。是非フォロー頂ければと思います。

(2018年8月20日追記)現在は、「Madogiwa Escape」シリーズの続編として、「Madogiwa Escape MP」シリーズをリリース中です。Androidへの追加対応やゲーム画面サイズの拡大など、「Madogiwa Escape」シリーズよりパワーアップした内容になっています。是非こちらも遊んでみて下さい。シリーズ一覧および各ストアのダウンロード先は、以下からまとめて辿ることができます。 https://mediarch-jp.com/products/madogiwa-escape-mp/

2011年11月19日

結局

SurfaceViewの大きさを動的に変更するのはあきらめることにしました。

ScrollViewをsetScroll(0,0)にした後に大きさを変えれば出来そうかな、と思ってやってみましたが、やっぱり他のLayoutに配置しているボタンの表示は消えたまま(ボタンがあったところは黒くなって再描画されませぬ)。

その時に再描画されないだけで、そのボタンがある辺りをクリックしたタイミングで再描画されるし、ボタンも有効に動作するのですが…。うーん、何でリサイズ直後だけ描画されないんだろう???

ということで、今回は、SurfaceViewはあらかじめ最大値を取った状態で起動して、縮小で余った領域は黒い表示のまま余らせておくこととします。見栄え悪いけど、今回作ろうとしているものは、これで動作的な支障はないので…。

今週末の土日は、もし気力があれば、Javaから一旦離れて、画面表示を構成するパーツを作る予定。結構たくさんの量(アイコン的なもの)を作らないといけないので、やる気が出ない可能性大。ま、趣味でやってるから、やらないならやらないでいいんですけど。

と書いてて、ちょっと気になって今調べたら、私のお目当ての機種がいよいよ発売になってました。ただ、いきなり買うのも不安なので、どっかでモック置いてないかなぁ。


posted by Madogiwa-3m at 01:44| Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

SurfaceViewの動的サイズ変更

HorizontalScrollView→ScrollView→Linear(もしくはFrame)Layout、の中に組み込んだSurfaceView(要は、画面サイズより大きな画像の一部分だけを表示し、残りはスクロールでみせるようにしているView)のサイズを、ActivityのonCreate()より後でサイズ変更(setLayoutParams)すると、ScrollViewをはみ出して、他の領域にあるButtonなどを上書き描画してしまう…。

おそらく、setLayoutParamsで、直接widht/height値を指定しているからと思われるが、何か良い方法は無いものか…。

今日は遅くなったので、また次回考えよう。
posted by Madogiwa-3m at 01:27| Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

また一歩前進

昨日の課題だった2.がだいたいうまくいった。

ほぼsmoothScrollTo()を呼ぶだけで良かったが、呼び出し元がUI(Main)スレッドでない場合は、例外となってしまう。つまり、UIスレッド以外では、基本的にUIが操作できないということですな。このあたりのルールは、C#のFormアプリのつくりと良く似ている。

で、これを解消する場合、C#ではInvokeメソッドなどを使ったが、Androidの場合はHandlerをpostすれば良いと。C#より若干書くことが多いが、「メッセージ(Handler)をpostする」という考え方そのものは自然に感じますね。
posted by Madogiwa-3m at 23:24| Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。