お知らせ


Madogiwa-3mが管理人を務める、「Madogiwa Escape」シリーズをはじめとしたソフトウェア開発・運営組織「MediArch(メディアーチ、と読みます)」のホームページを開設しています(2017年9月より、Twitterもはじめました)。

ホームページ:https://www.mediarch-jp.com/
Twitter:https://twitter.com/mediarch_jp

今後、新作リリース情報等は、上記ウェブサイトやTwitterからお知らせしていきます(本ブログの更新予定はありません)。是非フォロー頂ければと思います。

(2018年8月20日追記)現在は、「Madogiwa Escape」シリーズの続編として、「Madogiwa Escape MP」シリーズをリリース中です。Androidへの追加対応やゲーム画面サイズの拡大など、「Madogiwa Escape」シリーズよりパワーアップした内容になっています。是非こちらも遊んでみて下さい。シリーズ一覧および各ストアのダウンロード先は、以下からまとめて辿ることができます。 https://mediarch-jp.com/products/madogiwa-escape-mp/

2011年11月19日

画面構成パーツ作り・その1

とりあえず半分位(というか、パーツの種類が大きく2つあって、そのうちの1つ、30個ぐらい)作りましたよっと。

今日、新たに知ったこと:

1. BitmapFactory.decodeResource()を呼ぶ際、BitmapFactory.Options.isScaledオプションをfalseにしておかないと、読み込んだリソースが、端末(もしくはエミュレータ)の画面サイズに合わせて勝手にリサイズされてしまう。なので、例えば、RPGゲームなどで良くあるマップチップ一覧の一枚絵を読み込んだ後、pixelサイズでそれを切り出そうとすると、意図しないところで区切られてしまう(読み込んだ画像の元々のpixelとずれてしまう)場合がある。

2. Bitmap.createBitmap()実行時に、Matrixオブジェクトを追加で指定すれば、画像の回転(私がやりたかったことは180度の反転)ができる。

ということで、ここで、私が作りたいものの概要を書いておきます。私が作りたいものは、ズバリ、ゲームです。マップチップという話も出てきましたので、ではRPGかというと、そうではなく…。まだ詳細を見せられるような段階までは全然いっていませんので(挫折する可能性もありますし)、また時期が来たら、もう少し細かい内容を記述したいと思います。


posted by Madogiwa-3m at 23:47| Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。